ホーム > 八王子店トップ > 車検 > 車検Q&A
車検Q&A
こんな時はどうすればイイの???
Q:車検がすでに切れている場合はどうすれば良い?
  A:
車検がすでに切れている場合は公道を走れません。
したがって、キャリアカーで車検を行う場所まで運ぶ、という方法になります。
しかし搬送費用がかかるので、各都道府県の役所で発行する仮ナンバーをまずは取得し、
合法的に公道を走って車検をする場所へ行く、という方法が一般的です。
正式には「自動車臨時運行許可制度」と言います。
申請する際に必要なものは、印鑑、免許証、期限が切れていない自賠責保険証、発行手数料等です。
車検を終えたら、仮ナンバーだけではなく自動車臨時運行許可証も返納する必要があります。
Q:保安基準に適合しないものにはどんなものがある?
  A:
下記のような不正改造を施している際は、車検に通りません。
・鋭い突起のあるスポイラー等
・レンズ部分にストライプテープを貼付しているなどのテールランプ
・クラクション部分のミュージック・エアー
・点滅が著しく速い方向指示器
・車体外へ突出したタイヤ
・フロントウィンドウやフロントサイドウィンドウの着色フィルム
・左右ヘッドライトの灯光の色違い
・最低地上高が9センチ未満の車高の車
あくまで一例ですが以上のようなものが挙げられます。
Q:納税証明書をなくしてしまった
  A:
納税証明書を紛失してしまった場合は、再発行をすることが可能です。
納税証明書がないと車検を通すことができないので、注意が必要です。
車検証、自賠責保険証明書も同様です。保険会社や陸運支局などに問い合わせましょう。
Q:車の名義と車検申し込み人の名義が違う場合
  A:
名義が違っていても車検を受けることは可能です。車検証に記載されている使用者の印鑑が必要となります。
Q:車検が切れた車で公道を走るとどうなる?
  A:
無車検の車では公道を走ることができません。
もしそのような車で公道を走った場合は、道路交通法違反の無車検運行となり、免停になってしまいます。
また、車検に通したあとに構造変更をせず、なおかつ保安基準を満たさないよう
車を勝手に改造し公道を走らせることも道路交通法違反です。
最悪の場合、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金となります。
当然のことながら、万が一事故などを起こした場合は保険を受けられません。
≪八王子店トップへ ▲ページのトップへ
お車の事でお困りの際はお気軽に各店舗までお電話ください!
板橋店(03-3960-9605/ 営業時間:10時〜21時(年中無休 )) 八王子店(042-696-7533/ 営業時間:10時〜22時(年中無休 ))
 
チラシ情報
カレッツァ板橋店
カレッツァ八王子店
WEB DE 車検
車検ラクラク予約フォーム 板橋店はこちら
車検ラクラク予約フォーム 八王子店はこちら
お得なクーポン
 
店舗で使える
オンライン限定クーポン!
詳しくはこちら
アウトレット
今月のお買い得商品
スタッフブログ
最新の商品情報(取り扱いメーカーリスト)
そんぽ24自動車保険
勧誘方針をお読みください

取扱代理店:カレッツァ
(代理店コード:L 9656)

八王子店(店舗コード:001)
〒192-0012 東京都八王子市左入町749-1
電話:042-696-7533

板橋店(店舗コード:002)
〒174-0041 東京都板橋区舟渡1-1-5
電話:03-3960-9605

引受保険会社:そんぽ24損害保険株式会社
〒170-6044 東京都豊島区東池袋3-1-1
サンシャイン60

※代理店店主・使用人は、損害保険契約の締結の媒介を行っており、保険契約の締結、保険料の受領、契約内容が変わった場合のご通知の受領等の権限はありません。