車検用語解説

法定費用

法定費用とは「自動車重量税」「自賠責保険料」「印紙代」のことを指します。
印紙代は、店舗(指定工場か認証工場か)によって異なりますが、重量税・保険料は基本として一律です。一律でないケースとしては、使用の本拠地が離島である、エコカー減税などの減免措置の対象である、などがあります。

法定2年点検

道路運送車両法で2年ごとに実施することを義務づけられている点検で、56項目の点検を実施しています。

検査

点検整備が終わった自動車の安全性が確保されているか、公害防止の観点から国の決めた基準に適合しているかどうかを検査するものです。
これに合格すると車検証が発行されます。

検査標章(車検ステッカー)

車検を実施した自動車が保安基準に適合している場合に、車検証とともに車検ステッカーが交付されます。
車検の有効期間が満了する時期を示していますが、その該当月の間は大丈夫と 勘違いをして車検切れとなってしまうケースもあるため注意が必要です。
車検満了日は、車検証で確認しましょう。

指定工場・認証工場

分解整備の認証を受け、国家2級整備士を有する整備工場では、指定工場と認証工場に分類されます。
認証工場では点検整備の実施後、陸運局に持ち込んで検査を受けます。
一方、指定工場では検査ラインを自社工場内に持っているため陸運局に持ち込む必要がありません。
指定工場では、土日祝日でも検査が実施でき大きな整備がない限り当日中に車検が完了し、後日車検証が完成します。
もちろんカレッツァは指定工場です!
facebook Instagram