無料安全点検(セーフティーチェック)

 

無料安全点検の内容について

タイヤ点検※
空気圧の定期点検は安全な走行の為に欠かせません。空気圧の点検・調整が必要な場合は、スタッフまでお申し付けください。
また、残り溝が1.6mm未満のタイヤは保安基準に適合せず、違反となります。
偏摩耗(片減り)やひび割れも交換がおススメです。
バッテリー点検※
冬の寒い時期や夏のエアコン使用、また最近ではカーナビや電子制御装置などによりバッテリーに大きな負担が掛かっています。
日頃の点検でトラブルを未然に防ぎましょう。
カレッツァでは、専用のバッテリーチェッカーで診断を行なっています。
エンジンオイル点検※
オイル量の不足やオイルの劣化は、エンジンへの悪影響だけでなく、燃費の悪化や快適な走行を損なってしまいます。
また、オイルは走行距離にかかわらず期間による劣化もあり、3,000㎞~5,000㎞又は3ヶ月~6ヶ月毎の交換をおススメします。
ブレーキフルード点検
ブレーキフルードの劣化はブレーキの効きにも影響を与えます。
また、フルード量の不足はブレーキパッドの残量が少ない可能性もあります。2年毎の交換がおススメです。
ワイパーゴム点検
拭きムラや作動時のビビり音の発生は交換時期のサインです。
快適な視界で快適な走行をしましょう。
ATF・CVTF点検
ATF・CVTFの劣化は「加速性能の低下」「燃費の悪化」「変速ショックの増大」などの原因に。
カレッツァでは、見た目の判断だけでなく専用の診断機器で確実な点検をします。
AT・CVTフルードは、2年2万km毎の交換をおススメします。
LLC(冷却水)点検
冷却水の不足はエンジンオーバーヒートの原因になります。
長寿命タイプのスーパークーラントなど、冷却水の補充・交換作業も対応致します。
エアーフィルター点検※
エアフィルターの汚れや目詰まりがひどいと「燃費の悪化」「走行性能の低下」などの悪影響につながります。
汚れている場合は交換が必要です。
エアコンフィルター点検
家庭用のエアコンと同じく車のエアコンにもフィルターが設置されています。夏のエアコンの効きが悪い、風量が弱い気がする、匂いが気になってきた、などはエアコンフィルターが原因かも。
花粉の時期にも要チェックです。
ウィンドウォッシャー液量点検
良好な視界を保つためにもウォッシャー液量の点検は重要です。
快適な視界で安全な走行をしましょう。
ブレーキパッド点検
ブレーキパッドの残量が3mm未満になったら交換をおススメ致します。ブレーキを踏んだ時にキーキー音がする、効きが良くない、などの症状があれば早めの点検がおススメです。

ご注意
  • ※は通常受付け時の点検項目です。他の項目をご希望の場合はお申し出ください。
  • 車種やお車の状態により点検をお受けできない場合があります。予めご了承ください。
facebook Instagram